サンゴ礁減少の原因|国際サンゴ礁年について

国際サンゴ礁年について-画像

サンゴ礁減少の原因

サンゴは褐虫藻と共生していますが、地球温暖化による水温の上昇すると褐虫藻が死滅し、酸素や栄養をもらっているサンゴも死滅します。

山を削ったり地形を変えることで発生する大量の土砂は、水を濁らせてたり沈殿して、サンゴに光が当たらなくなり、サンゴの死滅の原因になります。

サンゴの天敵であるオニヒトデの大量発生もサンゴに被害を与えていますが、オニヒトデの大量発生は海へ流れ込む水の栄養が以前より増えているためで、人間の関与が原因と思われています。


サンゴ礁減少の原因

Copyright 国際サンゴ礁年について 2009